スノーシューの装備について

☆衣服類

スキーやスノーボードをするような格好で大丈夫です。

冬山では、レイヤリング(重ね着)することが基本! レイヤリングとは、一枚の保温性のあるウェアを着るのではなく、汗を逃がすインナーウェア、保温するミドルウェア、防水・防風のアウターウェアと、機能に合わせて重ね着し、行動中や休憩中のシーンに合わせて寒さ・暑さの調整をする方法です。

綿製品のものは汗をたくさんかくと水分を吸い込み保温の妨げになりがちですが、その点、化繊のものは透湿性に優れ、乾きも早いことから保温力がアップします。

インナーウェアは、綿製品よりは、吸湿速乾性のある化繊の物やウール素材の物がオススメ。

ミドルウェアは、保温力、通気性が高いもの、ウールのセーターやフリース等がオススメ。

アウターウェアは、防水(撥水)性、防風性がある物がオススメ。

そのほかに、休憩中等に着るダウンジャケットがあると快適です!

☆フットウェア

レンタルもあります

・防水性のトレッキングシューズを持ちであれば快適です。ゲーター(スパッツ)もあるといいです。

・スノーブーツをお持ちの方は、履きなれたご自分のものをお持ちいただいても大丈夫です。

・スノーボードのブーツでも大丈夫ですが、モデルによってはスノーシューとのフィッティングが合わない物もあります。

レンタル品

◎スノーシュー

スノーシューとは、日本では古くから使われている「カンジキ」と同種の道具で、ヨーロッパで改良された西洋版カンジキです。

新雪の上を初心者でも自在に歩けます。

 

信頼性の高いATLAS社製

◎ストック

雪の上はバランスを崩しやすく、転倒防止のためや、足への負担を分散するために使います。

 

身長に合わせて伸縮できる調整タイプ

◎スノーブーツ

保温性のある厚手のブーツです。厚みがあるためスノーシューの

ビンディングにもフィットします。

歩きやすいように足首から上はソフト素材

 

歩行時にかかとが浮き上がらないようにアンクルストラップ付き

持ち物

■服装(基本)

・アウターウェアー(ジャケット・オーバーパンツ)

  スキーやスノーボードのウェアで大丈夫です。

  インサレーション(保温材)の無いものがオススメです。

    →暖かい日は非常に暑くなります。

・サングラス(ゴーグル)

  ゴーグルは曇りやすいです

・防水性の手袋   

  手を付くこともありますので防水性のあるものをお持ちください。

・スノーブブーツ(レンタル有)

  防水性のトレッキングシューズを持ちであれば快適です。

   ゲーター(スパッツ)もあるといいです。

・バックパック(リュックサック   

  着替えや水筒等お持ちになりたいものを入れてください。

・保険証もしくは保険証の写し

・お風呂入る用意(入浴付きコースのみ)

 

※補足

 気候の急変による体温低下を防ぐ防寒着、汗等により服が濡れ

 低体温症を起こさない服装をご用意ください。

・フリース・セーター等の中間着

  ウールや速乾性の化繊のものが快適です。

・アンダーウェアー

  保温・発熱ではなく、吸水・速乾性を有するがオススメです。

・靴下、帽子、ネックウォーマー、マフラー等の防寒着

 

 

■あると便利♪

・カイロ

・水筒

・日焼け止め
・行動食

 

 

 当日の気温や気候に合わせてご用意下さい。

ご不明な点はいつでもお問い合わせ下さい。